読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

!フラッシュガール!

カメラを構えたラストJDが織り成すオタクな日々の記録であります。

自分の未来の愛車について調べたことをまとめてみる。

去る4/1に気がついたらついうっかり購入してしまっていたロードバイク

Bianchi VIA NIRONE7 PRO TIAGRAです。

もちチェレステカラー。

 

 

この1週間くらい前に友人の付き添いでメリダスペシャライズドのクロスバイクを色々見させてもらってはいたのですが、とはいえ何が何だかサッパリわからんちんなわたし。

そもそもロードバイクの知識は弱虫ペダルで見た程度のものしかありません

(さすがオタクって感じ)

ちなみにビアンキは作中だと福ちゃんのお下がりを荒北さんが乗ってます。

 

 

ミラノの空の色であるチェレステカラーがかわいくて評判なもんで、さらに作中でも特に人気キャラの荒北さんが乗ってるってもんだから、弱ペダが流行ってからビアンキ乗りの女子が増えたらしいです。

(さすがオタクって感じ)(オメーもだろ

 

また話が逸れましたね。

そんなわけで、いろんな成り行きで選んでしまったニローネちゃん。

とはいえ、ビアンキストアのおにーさんが色々と教えてくれたし、自分でもちょっと調べてみたので、忘れないように書いていこうと思います。

 

 

まずはフレームの素材。

ロードバイクのフレームは主に三種類あります。

  • アルミ
  • カーボン
  • クロモリ

アルミは軽く丈夫、かつ安価ですが、衝撃の吸収性に劣るという性質があります。

つまり段差とか乗り上げたりしたときの衝撃がモロに乗り手に伝わるので、乗り心地がイマイチめってことですね。多分。

カーボンは軽く衝撃の吸収性も良いですが、クソ高いです。

安くても20万〜ってとこでしょうか。

クロモリは乗り心地は良いですが、素材としては重いらしいです。

ちなみにクロモリとは「クロムモリブデン鋼」の略で、まあ鉄ですね。

弱ペダの小野田くんが最初にレンタルしたバイクもクロモリフレームでした。

(メーカー不明のクロモリに乗ってハイケイデンスを武器に優勝しちゃうんだからほんと小野田は妖怪だわ。)

 

ニローネはアルミフレームです。

まだ実走してないので感覚はわからないのですが、お店で持たせてもらった時は確かに軽かったです。

オタクで引きこもってばっかの筋肉皆無なわたしでも片手でひょいと持ち上げられたのでさすがです。

お店のおにーさんも確か9kg前後みたいなことを言ってた気がする。よく覚えてないけど。

ママチャリが15kg〜 とかなのを考えるとめっちゃ軽いですな〜うわ楽しみ

でもじゃあ乗り心地クソ悪いんじゃねーの?と思ったけどどうやら違うらしい。

というのもフォークっていうタイヤを挟んでいる部分がアルミとカーボンを両方使っているみたいなんですね。

はい復習、カーボンのメリットは〜〜〜〜〜?????

そう、軽くて乗り心地が良いんですな。

アルミもつかってコストダウンしつつ、乗り心地も確保してるってのがニローネちゃんのいいとこなんです。

そりゃまあフルカーボンにはかないませんが、レースにガンガン出てめっちゃスピード出してェ〜ってんじゃなければ初心者にはちょうど良いフレームなんではないでしょうか。

一応レースもこなせるとは言ってたけどね。

 

 

お次〜コンポーネント

コンポってなに?って感じなんですが、まあざっくり言えばフレーム以外の部分のブレーキとかギアとか、そこらへんひっくるめてコンポっていうらしいです。

そこら変は全部セットで設計されてるので、互換性ないものもあるみたい。

あまりに専門用語並びまくってて処理速度追いついてないので詳しいとこはおいおい勉強していきますが、とりあえず今わかってることだけまとめとく。

 

コンポーネントシマノとカンパニョーロっていう会社がシェアを二分してるらしい。

あとはスラムとか。

ニローネはシマノのコンポを採用してますね。

んで、このコンポってのにもグレードってのがあります。

シマノのコンポのグレードは上から順に、

になってます。

アルテグラ以上はレースガンガン出る系のガチ向けらしいです。

ニローネはこのうちクラリスから105までの4タイプが販売されています。

同じニローネのでも値段が違うっていうのはまんまコンポの値段の違いです。

わたしの買ったニローネはティアグラですね。

下から3番目ですが、ニローネの中じゃ上から2番目のグレードじゃんって思うことにする。

自分の気の持ちようって大事

 

わかりやすい違いはギアの段数。

上級コンポになればなるほど段数は増えます。

より細かい調整ができるってことですね。

あとはギアチェンジのなめらかさ、っていえばいいのかな?

ソラはめっちゃ重いというかがたつくというか。

コントロールレバーそのものが重いし、ギアチェンジもなめらかじゃないかんじ。

105は全然違いました。

レバーも軽いし、ストンとギアが変わってくれます。

ティアグラはその点105ほどではないのですが、レバーの軽さは105に近かったので、予算にも限りはあるってんでそのままティアグラを選びました。

ちなみに先に話した互換性、ティアグラは105とはないらしい。

105以上にしたい場合は総取っ替えする必要があるらしいです。

もし将来的に105にしたいな〜と思ったらまたがっつりお金かかっちゃうけど、まあしゃーなしですね。

そもそも変えたいと思うのならブレーキも油圧式ディスクブレーキとかにしたさあるので、どうせカスタムは金かかるだろ〜そんな余裕今はねェしな!

ってことで、特に今は不満なく、いい買い物できたかなって思ってます。

この納車を待っている時間がすっげー楽しいので。

超テンアゲです。へへへ。

 

 

話題にしたのでついでにブレーキについても書いときますか。

ニローネのブレーキはリムに押し付けることでブレーキをかけるデュアルピボットブレーキ。

なんでもティアグラのブレーキは剛性に不安があるとかなんとか。

新しいBR-4700ってモデルならそんなこともないらしいですが、今ビアンキのサイト見てもティアグラとしか書いてないのでそれになってるのかいまいちわからん。

 

多分これだと思うんですけども…違ったらここは交換するかもです。

ブレーキは命に関わるところなので、気をつけていきたいところですね。

 

友人とメリダ見に行った時に見せてもらったのですが、リムを挟んで止めるリムブレーキの他に、ハブ(車軸)に直結したブレーキで制動するディスクブレーキなんてのもあります。

リムブレーキはリムがすり減っちゃったりするとブレーキの効きが悪くなるので、最も重視してメンテしなくちゃいけない場所になります。

他にもワイヤーを通してブレーキをかける機械式と、パイプの中のオイルで止める油圧式があったり。

機械式はブレーキを握りこんで力を伝導させなきゃいけませんが、油圧式は一定のラインまで握ればこう油圧で止まる仕組み(伝われ)なので、ブレーキをかけるのに大きな力が入らないっていうメリットがあったりします。

まあここら辺のカスタムはしばらく手を出す気はありませんが、知ってると知らないじゃまた違うもんね。

 

 

やべえ〜よくわかってないのに長々と書いてしまった。

大丈夫かこのブログ…。

まとめてみたことが実際に本当なのか、まだ実感が伴っていないので、はやく乗ってみたい〜って感じですね。

とりあえず納車が待ち遠しいです。

後々間違ってんなって気づいたりしたら多分そっと修正するので暖かい目でスルーしてください〜(大の字)